センニンソウ

センニンソウ

せんにんそう(仙人草) キンポウゲ科 分類:草 つる性
学名:Clematis terniflora

2001年09月03日 花びら:4枚 色: 山梨県塩山市裂石林道 にて
果実に白い毛のようなものがあるので仙人草の名前が。つるで他の植物にからみつき大繁殖し、びっしりと花を咲かせます。山梨県側の青梅街道脇には、こういった風景がいたるところで見られます。そっくりな仲間に ボタンヅル がある

有毒なので、注意を要する。

木本あるいは半木本と記載している図鑑が多いが、木本といえるほどに太くなっているものにお目にかかっていない。葉の質感も草本的である。草でもいいのかもしれない。

花びら数:
4枚が多いが、時に5枚もあった。

4枚の花弁のように見えるものは萼(ガク)であり、花弁はない。


http://matsue-hana.com/hana/senninsou.html

        • -

参考:

http://gakisroom.exblog.jp/10319068/
オシロイバナには花弁がない
d0006690_11311978.jpg「オシロイバナには花弁がない」とこちらのブログで教わりました。
http://oumadoki.exblog.jp/12086330/#12086330_1

花弁に見えるものは萼で,(花弁に見える)萼の根元にの緑色の部分は萼ではなく苞とのことです。

萼(がく)…花被(かひ)の内外二重のうち,外側の花
      被をいう。内側はの花被は花弁。
苞(ほう)…花や花序の基部にある特殊な葉。苞葉とも
      いう。蕾時に花を保護する。

オシロイバナ オシロイバナ科 オシロイバナ

花は1夜限りの短命です。多くの場合,午後3〜4時頃に咲き,翌朝の9時過ぎには萎んでしまうそうです。それで,英名では「Four-O'clock(4時)」,中国名では「吃飯花(チーフカンフォア)」(「夕ご飯の頃に咲く花」の意)と呼ばれるようです。

日本での別名は「ユウゲショウ(夕化粧)」です。ユウゲショウといえば,(アカバナ)ユウゲショウという花もありました。

花径は3センチ位ですが,色は普通に見られる赤,白以外にピンク,黄色および「絞り」があるそうです。

春の七草とホトケノザ

1/7は「七草」の日だった。
家庭菜園で、ほとんどの草をすぐに見つけることができた。
チョットてこずったのが「セリ」で、知人に聞いて、水辺に近い土手の斜面でやっと見つけた。

で帰宅後、あらためてネットの映像と比較してみて気づいたことが・・
ホトケノザ」が、シソ科オドリコソウ属の「仏の座」ではないこと。

なんとキク科で、ヤブタビラコ属の「コオニタビラコ小鬼田平子」のことだという。
そして、コオニタラビコの古名がホトケノザなのだそうだ。

でも、コオニタビラコなんて見たことが無いし・・
知らずに食べていたら、有毒(?)らしいものだったとのことで・・
まあ、今年は6種で妥協しました。


ところで、
春は「春の七種」と書くこと、「秋の七草」、「昔の七草」、「夏の七草」もあるとのこと・・勉強になりました。

「ヨーロッパアルプス峠の花」BLOG

はてなダイアリー」・・花・植物、家畜・動物などを中心にしたLOGです

●アルプスの花図鑑(BLOG以外)は、
http://www.eu-alps.com/flower/index.htm


なお、全体像は以下です
●ヨーロッパ アルプス 峠ドライブ紀行(写真・絵本) ・・旅行記など本文
http://www.eu-alps.com/

掲示板「峠の茶屋」・・完成本文の報告、意見・質問・ゲストブック
http://www3.big.or.jp/~kitamura/bbsy/yybbs.cgi

●BLOG-1:「Doblog」・・峠紀行作成中のメモ・調査中情報などのLOG
http://www.doblog.com/weblog/myblog/5221

●BLOG-2:「はてなダイアリー」・・花・家畜などを中心のLOG・・●ここ●
http://d.hatena.ne.jp/EU-Alps/  本文http://www.eu-alps.com/flower/に対応しています。

●BLOG-3:「Livedoor」・・旅の買い物などを中心のLOG
http://blog.livedoor.jp/eu_alps/

●「はてな > ヨーロッパりんぐ」 に参加しています。

ミスミソウ、ユキワリソウ

ミスミソウユキワリソウ

●学名 Hepatica nobilis var.japonica
●和名 雪割草(ユキワリソウ)
雪割草の名はまだ雪の残っている頃開花することによる
●科名 キンポウゲ科ミスミソウ(ヘパティカ)属
●花期 3月〜4月


キョウチクトウ科多年草
・・そう言えば、夾竹桃の花の形に似ているかも。

ツルニチニチソウ【蔓日日草】

学名:Vinca major(ビンカ・マジョール)
別名:ツルギキョウ(蔓桔梗) 、bigleaf periwinkle

原産地=地中海沿岸地方 ・・ヨーロッパからコーカサスに分布。

●peri
winkle・・巻貝
長いつるが伸びて、春に淡紫色花が咲く。
斑入り葉の品種もある。
●major : 巨大な、より大きい
●Vinca(ビンカ)は、ラテン語の「vincire(結ぶ、巻き付く)」が語源。茎が柔らかく曲がりやすいことから。
●では、「蔓日日草を身につけていると悪いものを寄せつけず、繁栄と幸福をもたらしてくれる」という言い伝えがある。
また、常緑で冬の間も枯れないので、不死の力や魔力を持っていると信じられていた。(http://www.hana300.com/turuni.html)

カバノキ科ハンノキ属ヒメヤシャブシ

http://kanon101.cool.ne.jp/foto_sinrin/K_kaba_no_ki/hime_yasyabusi/hime_yasyabusi.htm
【姫夜叉五倍子】   別名/ ハゲシバリ
 ●落葉小高木
 ●高さ:2〜7m
 ●花期:3〜5月 (雌雄同株)
 ●果期:10〜11月
 ●分布:北海道,本州,四国 (日本固有)

参考文献:「山渓ハンディ図鑑3 樹に咲く花 離弁花?」(山と渓谷社) P162

  • -

ヤシャブシは3種類(オオヤシャブシヤシャブシ、ヒメヤシャブシ

雄花は細長くて緑のものです。雌花はマツボックリ似。
ハンノキ,はんのき(榛の木)
花言葉は「忍耐」「剛勇」「不屈の心」「荘厳」

ひも状に垂れ下がった部分が雄花、球状の部分が雌花。
早春、葉に先駆けて開花し、実は翌年まで枝に残る。

根に根粒菌を持ち、土壌の改善作用がある。
湿地や痩せ地を好んで生育する。